ブーツの消臭

ブーツの臭いで悩んでいるあなたへ


冬の足元のオシャレにかかせないブーツ!しかし急なお座敷やお宅訪問などがあるとニオイが気になるのも事実。せっかくのオシャレなブーツも臭いがしては台無しです。どうしてブーツは臭うのかという仕組みとブーツのケア、そしてブーツの臭いを徹底的に対策する様々な方法をまとめたサイトです。

ブーツの消臭1
ニオイが生まれる仕組!

どうしてブーツはクサイの?
まずニオイというものを作っている犯人をご存知でしょうか?それは雑菌です。以外と汗が臭いと思っている方が多いようですが、実は汗は無臭。体から出たばかりの汗が無臭であることは体感的にご理解頂けるのではないでしょうか?入浴中の汗とか臭くありませんね!

しかししばらくすると汗はニオイが発生します。これは例えて言うなら、雑菌が汗を食べてウンチをしているのです。このウンチがニオイなのです。人間も食べれば出ますね!

雑菌も同じなのです。ですので雑菌が繁殖するほど、ニオイ(ウンチ)も出ます。ではもう少し詳しくブーツの中をのぞいてみましょう!↓

ブーツの消臭2
ブーツは臭いの生産工場

10分で湿度100%とうい驚異のブーツ内部環境!
ブーツを着用して10分をも経過するとブーツの中は湿度100%!熱帯雨林状態になります。これがブーツの中の環境です。この高温多湿の環境は雑菌がものすごい勢いで繁殖します。

繁殖するほどニオイ分子も放出されます。足は汗が沢山出る部位なので雑菌の栄養も豊富!ですのでブーツの中はあたかも臭いの生産工場のような環境なのです。

ブーツ以外にも注意すべき素足と靴下
さてブーツの内部環境は雑菌天国ということはご理解頂けたと思いますが、ブーツばかりに気をとられてはいけません!まず素足。素足に水虫などがあるとニオイの原因となります。

水虫菌が繁殖することにより、きついニオイが発生しますので水虫の疑いがあれば、皮膚科でみてもらいましょう!

素足の次に注意が必要なのは靴下、実は最も汗を吸い取り雑菌を繁殖させているのは靴下であることが多いのです。もちろん靴下を通りブーツにも汗やニオイ分子が吸収されるのですが、その前に靴下ですね。

ニオイが最も作られる場所と言っても過言ではありません。
臭わないソックス
どは足のニオイとしてもブーツの臭い対策としても有効です。

ブーツの消臭3
大切な日頃のブーツケア

ちょっとしたケアが重要
湿度が100%になる環境では臭いがしない方が不思議です。できるだけこのような環境をつくらないことが重要です。例えばブーツを履いて出勤したら社内履きに履き替え、ブーツは陰干ししてあげること

出来る限り長時間履き続けないことがポイントです。でもどうしてもそうはいかない日や場合によっては1日中履き続けなければならない人もいらっしゃるでしょう!その場合は帰宅後のケアが大事です。

毎日同じブーツは厳禁!
1日履いたブールは、汗をたっぷり吸い込み、雑菌が繁殖し臭い分子を大量に吸着しています。この状態でまた次の日も同じブーツを履くことは避けたいものです。

1日履いたら除菌して陰干ししてあげることにより付着した汗や臭い分子を放出させてあげて下さい。臭い対策としても、また衛生面でも清潔になります。

除菌の注意点
除菌スプレーは数多く販売されていますが、大切なポイントは除菌力と安全性、そして盲点となるのはブーツの奥まで除菌できるかどうかと言う点。ブーツの奥までしっかり除菌するためには、ジェットスプレーなど勢いのあるスプレーが必要です。
おすすめの除菌スプレーはこちら→

しかし急なお座敷やお宅訪問など心配な方には!臭わないブーツにしておくことをオススメします!そんな裏ワザを最後にご紹介いたしましょう!

ブーツの消臭4
臭わないブーツにする裏ワザ!

臭わないブーツにする裏ワザ?
汗と雑菌と雑菌がつくったニオイ分子は別のもの!汗と雑菌は既にお話したケアが必要です。しかしどうしても急なお座敷での飲み会などがあったりするとブーツの臭いが心配なら!臭わないブーツにしておく方法があります。臭わないブーツにする裏ワザ詳細は以下をクリックすると見られます!
臭わないブーツにする裏ワザ詳細はこちら→

速分解消臭ソックスを併用するとより効果的です!

Copyright ブーツの消臭 All Rights Reserved.